被相続人に子や親がおらず、相続人が兄弟姉妹(第三順位)になると、それぞれの相続人が遠方に散らばっており戸籍謄本等を郵送で請求する必要が出てきます。
必要書類が多くなる分、漏れがでてきてしまい相続人の確定ができていないことがあります。

ここで注意すべきことは、「血の繋がっていない子」や「代襲相続の相続人」です。

兄弟姉妹が相続人であるということは、親も既に亡くなっているということになるので、親の戸籍をたどって兄弟姉妹を全て確認する必要があります。
また、兄弟姉妹の相続人が亡くなっているとその子に相続権が代襲されるので、ここで亡くなっている相続人の戸籍もしっかりとたどらなければ被相続人の遺産相続を進めることは一切できません。

相続人が第三順位の遺産相続は、上記のように相続人の確定だけでも面倒ですが、そのあとの遺産分割協議も面識がなかったり、誰が面倒をみたなどと揉め事が絶えませんので注意が必要です。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。