相続のご相談を日々お受けする中で揉める必要のない方が揉められているといった状態の方のお問い合わせをお受けします。
その方々に共通しているのが正確な相続の知識がないということです。何の裏付けもなくご自身の感情を他の相続人いきなりぶつけてもうまくいくものもうまくまとまりません。

いきなり分割協議を行うのではなく、きちんとした相続の知識を相続人全員が理解したうえで話し合いを設ければ無駄なトラブルを避けられます。相続の根本は民法で定められていますので、例えば生前贈与があるなら特別受益、面倒を看ていたなら寄与分などきちんと法律のルールに則った話をしていけば揉めるリスクを軽減できます。

相続を始める前に相続人が相続に関する知識を蓄え、揉めることのないように話し合いをしていきましょう。