相続の一番始めで今日は被相続人の死亡の手続きの話をしたいと思います。

最初におこなう手続きは、死亡届の提出です。
死亡の事実を知ったときから7日以内に、区市町村役場に死亡届を提出しなければなりません。ちなみに外国で亡くなったときは死亡の事実を知ったときから3ヶ月以内に死亡届を提出しなければなりません。
死亡届は、「死亡者の本籍地・死亡地・届出人の住所地・届け人の所在地」のいずれかの市区町村役場に医師の死亡診断書を添付して届けてください。
必要書類は死亡届書、届出人の印鑑、健康保険被保険者証と介護保険被保険者証は加入している方のみ必要です。それと国民年金手帳または国民年金証書も受給している方は必要となります。

実際、通夜・告別式の葬儀などもあり色々考えられない状況だと思います。
頭のすみにでも相続の始めの知識として知って頂ければと思います。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。