相続が発生したら、一体何から手をつけたらよいのか、費用はどれくらいかかるのか、どういう手順で進めたらよいのかと分からない人が多いかと思います。
相続手続きというのは、100人いたら100通りの相続があると言われ、それぞれの個々の事情により手続きの方法、進め方は異なります。
一度経験しているからといって、スムーズに手続きを進められるとも限りません。
そして、期限が決まっている手続きがあり、すぐに手続きをしなかったことにより不利益を抱えるケースもあります。相続の手続きというのは、放っておいても代わりに誰かがやってくれるものではありませんし、役所などから相続手続き等の連絡があることも基本的にはありません。自ら相続人が始めていく必要があります。
手続きを進めていく上で相続人が複数いる場合は、名義の変更や相続財産を処分したりなど一人で勝手にすることもできないので注意が必要です。
次に、亡くなった方の遺品の整理や把握、財産や書類と相続人の人数の確認をするとよいでしょう。亡くなった方の遺品や財産に一通り目を通すことにより相続財産をある程度把握することができます。

葬儀や死亡届の提出の手続きもありますので正確かつスムーズに作業を進めたい方は、専門家に相談されることをお勧めいたします。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。