被相続人が残していった財産を、相続人一人ひとりの個人所有物にするために行う協議のことを分割協議と言います。相続人全員参加のもと遺産分割協議を行い協議内容を分割協議書に起こします。

まず、亡くなった人が遺言書を残していればそれに従って相続が進んでいきます。

遺言書が無かった場合、また遺言書はあってもそこに記載のない財産がある場合には、相続人全員が相談をして、誰が何を相続するのかを決めていくことになります。

遺産分割協議は、各相続人の利己的な気持ちもでてきてしまったりと、中々話がまとまらないことも珍しくありません。相続の根本の部分でもありますので、遺産分割でもめてしまうと、相続がドロ沼化状態になってしまいます。
相続でも本当に重要なところなのです。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。