被相続人が残していった財産を、相続人一人ひとりの個人所有物にするために行う協議のことを分割協議と言います。相続人全員参加のもと遺産分割協議を行い協議内容を分割協議書に起こします。

まず、亡くなった人が遺言書を残していればそれに従って相続が進んでいきます。

遺言書が無かった場合、また遺言書はあってもそこに記載のない財産がある場合には、相続人全員が相談をして、誰が何を相続するのかを決めていくことになります。

遺産分割協議は、各相続人の利己的な気持ちもでてきてしまったりと、中々話がまとまらないことも珍しくありません。相続の根本の部分でもありますので、遺産分割でもめてしまうと、相続がドロ沼化状態になってしまいます。
相続でも本当に重要なところなのです。