寄与分とは、被相続人の介護をしていた相続人と何もしていなかった相続人との不公平感を減らすためのものです。
しかし、どれだけ被相続人のために自分の時間を削り介護したとしても、法律では原則、被相続人の財産の維持や増加に貢献していなければ寄与分は認められないとなっております。

寄与分が認められるケース

例えば、被相続人を介護してあげた結果で、被相続人が老人ホームや介護サービスを受ける必要がなくなれば、結果的に出費がなくなったので財産の維持に貢献したという解釈になり寄与分が認められます。
また、被相続人が事業をしていてその事業の手伝いをした結果、その事業の収益が上がり被相続人の財産が増えた場合も寄与分が認められます。

「寄与分=介護」考えてしまう人が多いですが、厳密には違うので注意が必要です。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。