寄与分とは、被相続人の介護をしていた相続人と何もしていなかった相続人との不公平感を減らすためのものです。
しかし、どれだけ被相続人のために自分の時間を削り介護したとしても、法律では原則、被相続人の財産の維持や増加に貢献していなければ寄与分は認められないとなっております。

寄与分が認められるケース

例えば、被相続人を介護してあげた結果で、被相続人が老人ホームや介護サービスを受ける必要がなくなれば、結果的に出費がなくなったので財産の維持に貢献したという解釈になり寄与分が認められます。
また、被相続人が事業をしていてその事業の手伝いをした結果、その事業の収益が上がり被相続人の財産が増えた場合も寄与分が認められます。

「寄与分=介護」考えてしまう人が多いですが、厳密には違うので注意が必要です。