相続の開始に伴い、相続人の確定を行ないます。

そこで本来、被相続人から見た子3人のうち1名すでに死亡しているとします。
この場合、亡くなっている方の相続分を亡くなっている相続人の子に相続分が移動し相続を行ないます。
これを、代襲相続と言います。相続分の移動と相続権の移動になりますので、相続人の子が2人いる場合はそのお二人が相続人となり、亡くなった相続人の相続分の1/2ずつの相続分があることになります。

代襲相続は子にいき、子が亡くなっている場合は、孫にいきと脈々と続いていきます。実際は、孫までいくことは稀です。
また、亡くなった相続人に子がいない場合は親。親が亡くなっている場合は兄弟にいきます。
最後に、兄弟の方が亡くなっている場合は、その子。被相続人から見た甥・姪までになります。

ここで、よく相続の手続きを行なっていない方が多くいらっしゃいます。蓋を開けたら、祖父の名義のままなんてことはよくあります。

相続人が死亡している場合や、その後残された方がどう相続しておくかしっかりとお考えの上対策をしておきましょう。