代襲相続とは、子供や兄弟姉妹が相続人となった時、その相続人が被相続人よりも前に亡くなっていたりした場合、その子供(孫・甥・姪)が代わって相続する権利を引き継ぐ制度のことを言います。
そして、代襲相続をする人の事を代襲者といい、この代襲者になれるのは直系卑属(兄弟姉妹の場合は傍系卑属)に限られています。
また、養子の養子縁組後に生まれた子供にも直系卑属に値するため代襲相続は適応されます。
しかし、養子の養子縁組前の子(養子の連れ子)は、被相続人の直系卑属では無いため、養子縁組しないかぎり代襲相続することはできません。

代襲相続が発生する場合は以下の様な要件になります。
・本来相続人となるはずだった者が被相続人よりも前に死亡していた場合(被相続人と同時死亡を含む)
・推定相続人の廃除された子供
・相続欠格事由に該当された子供

代襲相続する権利は、被相続人の実施の場合、孫・曾孫・玄孫・・・と、どこまでも続くこととなります。
一方で、兄弟姉妹の場合は、被相続人から見て、甥・姪までの一代限りしか代襲相続しません。