そもそもみなし財産とは、本来相続財産ではないものだが、被相続人の死亡によって相続人の元へ入ってきた財産の事をいいます。
そして、実質的には相続財産と同様にして相続税が課されるようになっています。

このみなし財産には色々な物があります。
以下でどの様なものがあるか見てみましょう。

・生命保険金
生命保険金は必ずしも相続税の課税対象ではありません。
贈与税や所得税の場合もあります。
生命保険金を受け取った場合の課税関係は、被保険者、保険契約者および保険金の受取人がだれであるかによって異なります。

・退職手当金や功労金等
被相続人の死亡によって支給される退職手当金や功労金等は、被相続人の死亡後3年以内で支給が確定したものをみなし相続財産とします。
この非課税枠は、法定相続人1人につき 500万円までとなっております。

・3年以内に被相続人より受けた贈与
被相続人が死亡する前に相続人に財産を贈与して節税しようとする行為を防止するための規定になります。
その節税行為を防ぐために、被相続人が死亡する3年以内に贈与された財産はみなし相続財産として扱われます。