被相続人がなくなって相続が始まると法定相続人は、遺産相続をします。
その中でも、代表的な物をご紹介します。

相続財産の種類〜プラスの財産

現金、預貯金、株式、有価証券、建物、土地、借家権、借地権、骨董品、ゴルフ会員権、動産、自動車、債権、貸付金、電話加入権、出資金、農機具、著作権、特許権、商標権、漁業権、採石権、鉱業権、租鉱権、慰謝料請求権など

相続財産の種類〜マイナスの財産

債務、借金、住宅ローン、保証債務、買掛金、連帯債務、連帯保証債務、地代家賃、税金、税金滞納金、医療費、未払いの月賦など

上記のように多種多様の財産があります。万が一、なにもわからない等、相続人の財産を把握できていないときは専門家に相談するか協力してもらいましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。