相続が始まったら、被相続人の財産を法律で定められた法定相続人でその相続財産承継します。
これが、遺産相続の基本になります。

しかし、その相続財産を承継する人を定めることができます。それが、遺言書です。

このように、遺産相続の方法としては基本的に法定相続人で遺産分割をして承継する方法と遺言書で指定された人相続する方法の2パターンあります。

法定相続人に関しては、法律で定められた配偶者や子などの被相続人と血がつながった人がなります。
逆に遺言書に関しては、法定相続人にはなれない人でも遺言書で指定してもらえれば遺産相続をすることができ、例えば内縁関係で戸籍上配偶者になっていない人や孫に遺産相続をさせることが可能になります。