生前に、特定の相続人に他の相続人よりも多くの財産を贈与している場合、相続の際に調整をしないと不公平になってしまいます。
その調整のために生前、他の相続人よりたくさんもらった分を特別受益と言います。
遺産分割協議の時に、この特別受益の額を、相続分に含めて計算します。
遺産分割の計算上、特別受益分を返還するイメージです。

この特別受益は一度話に上がってしまうと、相続人間でどんどんさかのぼってしまうケースが非常に多いです。
「大学の費用を出してもらったじゃないか」とか「住宅資金の一部を出してもらったじゃないか」等揉めてしまい、どんどん話が拗れてしまいます。

家庭の事情によって特別受益と認められたり、認められなかったりと非常に複雑な制度となっているため、生前の贈与により不公平が生じそうな場合は専門家に入ってもらっうのが良いでしょう。