近年、ペットを飼っている方(特に犬や猫など)はペットの域を超え、家族の一員であると言う認識をしている方が非常に増えています。
そして、そのペットに財産を残したという方も少なくはありません。
しかしながらペットが相続や遺言によって財産を相続するという事はできないのです。
これは法律で人以外が財産を所有すると言う事は認められていいない為で、ペットに対しての遺言書を残したり相続させたりする希望は残念ながら叶えることができません。

ではどのようにして自分が亡くなった後のペットの世話や財産の管理を残すのかと言うと、それは誰かにペットの為の財産管理や世話を遺言書によって任せる事で、ペットの将来を見てもらうのです。

通常の遺言書と違い、少々特殊な内容になるため、この様な事を希望される方は専門家に依頼して、遺言書を作成していくのが良いでしょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。