相続の開始があった際に、まずはその相続をするかしないかを選ぶことができます。
原則として、相続は開始から3か月以内に相続をする、しないと選ばなければなりません。

相続をする場合、相続人全員での遺産分割協議の後内容を遺産分割協議書としてまとめ相続人の署名捺印をして、各手続きに使用します。
相続しない場合、被相続人の財産に手を付けない事が大前提であります。そのため、負債が銀行口座から引き落としになっている場合などそのままにしておくと、「返済をした」→「相続をした」とみなされ、相続をしなければなりません。ですので、銀行への死亡報告などきちんと行い手続きを行なう事が必要です。

以上、相続をするかしないかは選ぶことができます。
遺産分割協議や相続放棄に関しましては、当サイト内の「相続とは」をお読みいただければと思います。
何かご不明な点等ありましたら、ご相談ください。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。