近年、増加している遺産相続のトラブルの原因をご紹介します。

相続人の一人が、被相続人と同居や被相続人のお世話をしていた

「他の相続人は上京してしまい、相続人の誰か一人が田舎に残り面倒を看ていた」「誰かが付き添ってあげなければいけない程、介護が必要で実家に戻ってきた」など誰かが被相続人の為にやってあげたことを主張して揉めてしますケースがあります。

まず、法律上、同居の有無で相続分が増えるということはありませんし、逆に遠方に住んでいて被相続人の為になにもしていないからと言って相続分が減ってしまうということもありません。
基本的に遺産分割協議を相続人全員が納得いけばどのように相続しても特段問題ありませんが、相続人それぞれがいろいろな主張を始めてしまうと、確実に揉めてしまい相続が完了するまでに時間がかかてしまいます。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。