遺産相続のトラブルは、一度始まってしまうとその仲を修復するのはすごく厳しいものがあります。

トラブルになってしまう原因をご紹介します。

被相続人が離婚をしていて、元配偶者と遺産分割協議をしなければならない

法律上、何度結婚を繰り返しその都度、子が生まれていればその子は全員平等に相続権があります。法律上、親の都合は関係ないということです。

よくあるご相談の中で、前家族と現家族が揉めてしまうということがよくあります。
すんなりとどちらかが納得して話合いができればよいですが、面識もないケースがほとんどですので「話ができない、しづらい、したくない」と権利をしたいけれどできないで困っているという方が多くいらっしゃいます。
上記のような場合は、第三者の専門家に入ってもらうことをお勧めします。