遺産相続のトラブルは、一度始まってしまうとその仲を修復するのはすごく厳しいものがあります。

トラブルになってしまう原因をご紹介します。

被相続人が離婚をしていて、元配偶者と遺産分割協議をしなければならない

法律上、何度結婚を繰り返しその都度、子が生まれていればその子は全員平等に相続権があります。法律上、親の都合は関係ないということです。

よくあるご相談の中で、前家族と現家族が揉めてしまうということがよくあります。
すんなりとどちらかが納得して話合いができればよいですが、面識もないケースがほとんどですので「話ができない、しづらい、したくない」と権利をしたいけれどできないで困っているという方が多くいらっしゃいます。
上記のような場合は、第三者の専門家に入ってもらうことをお勧めします。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。