相続の手続きをしていくにあたって家庭裁判所に申請、申し立てを行わなければならない場面に遭遇することも少なくないと思います。日常生活で家庭裁判所に関わることはまずありませんから、どのような申請を行う場所なのか疑問に思われる方も多くいらっしゃいますので、本日は相続に関わる代表的なもの申請をいくつかあげたいと思います。

・相続放棄申請
・成年後見申請
・特別代理人選任申請
・失踪宣告申請

などが挙げられ、申請によっては期間が決められているもの、申請者の範囲が限られているもの等がありますので、確認が必要です。また分割協議を家庭裁判所の調停の場で行う活用法もあります。ただでさえ複雑な手続きですから、家庭裁判所を利用する際は相続を円滑に行う為専門家の方にご相談するのがよいでしょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。