生命保険は受取人を指定しておけば安心ということでは必ずしもありません。
なぜかというと、指定していた者が被保険者よりも先に亡くなってしまった場合、一般的に相続財産として分割協議を行わなければならない状況になってしまうケースがある為です。このような場合どなたか一人に渡したい意思があるのであれば早急に受取人の変更が必要になってきます。

また相続準備としての生命保険ということなら、なおさらです。変更を怠ったためにその保険を誰が相続するのかで揉めてしまっては本末転倒ですので関係人が亡くなった場合には注意が必要です。

このように契約時と相続が始まるときではやはり歳月が経過していますし状況の変化もありますので、その状況に応じた契約内容の見直しが必要になってきます。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。