「相続対策」と「相続税対策」を同じ意味で捉えてらっしゃる方が多くいらっしゃいます。
実際に現行の法律では相続税はかからないけれど、来年から施行される相続税改正に伴い相続税の関心も高まってきています。

相続対策は、遺言書を作成して「本来相続人にならない人に相続させたいので指定する」、「推定相続人が揉めないように指定する」、「ご自身の意思を遺言書に残して伝える」などが考えられます。
また、相続税対策は、実際に相続税がかからないように相続財産を減らしておくことをいいます。

「相続対策」と「相続税対策」それぞれ、生前贈与や遺言書によって対策をしていきますが、目的を明確にして適切な専門家にご相談すべきです。
当センターでは、どちらの対策も柔軟に対応しておりますので、お気軽にご相談ください。