相続財産の寄付を希望される場合、その方法は二通りあります。

一つ目は「遺言書を作成して、財産の受取人を寄付したい団体に指定しておく。」と言うものです。

この方法を取る際に気をつけて頂きたいのは、自筆遺言だと法的に無効になってしまったり、紛失してしまう恐れがあるということです。その為、公正証書で遺言を残される事をお勧めします。
また、遺留分や、遺言執行の問題もありますので、実際に遺言書を作るときは専門家に遺言書の作成とその執行をお願いするのが良いでしょう。

二つ目は、「相続人に財産を寄付してもらう。」と言うものです。

この方法はあまりオススメができません。
面倒な手続きもなく、推定相続人にお願いをしておくだけでいいので気軽にできますが、実際に相続が発生した際、相続人間で意見の対立が出てしまうとほぼ実行されなくなってしまう為、あまりオススメはできません。

この様なことから、ご自身の財産の寄付をお考えの方は、専門家に依頼してしっかりと公正証書を残しておきましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。