障害者が自身で財産管理が行えない場合、その方の親であったり親族の方が管理しているかと思います。日本の人口が高齢化に伴い障害者も高齢化に移行している事も現状として考えられ、財産管理をしてくれる親族がいない障害者も多くいます。

こうした中、自身の財産を保全するための制度として成年後見制度の利用が必要になります。
例えば、社会福祉サービスを利用している方でしたらケアマネージャーや社会福祉士等と福祉職の方が管理をされている場合もあるかと思います。

財産管理は、原則本人の後見人となっていない場合は管理できません。また、銀行口座の引き出しなども原則本人以外はできません。

このように、財産管理は法的に認められた後見人以外の方はできませんので、現状で財産管理を第三者が行なっている場合においては、きちんとした手続をして後見人を立てておくことをお勧めします。
もし、管理上本人の不利益が生じることを含めたサービスをご利用されることをご確認ください。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。