当センターに寄せられるご相談の中に、内縁関係についてのご相談をお受けすることがあります。
具体的には内縁関係の夫が亡くなり、相続権はあるのか?といったご相談です。

結論から言いますと、内縁関係には相続権は発生しません。
相続をしていくには遺言書を作成していただくか、死因贈与契約を被相続人と結んでおく必要があります。
ただこのように準備を前もって行ったとしても、法定相続人には遺留分の減殺請求権は残りますので注意が必要です。

内縁関係という立場上、遺留分の減殺請求時には紛争が激化する傾向にありますので、このようなお話の時には慎重に進めなければなりません。
また遺留分請求時、相手方とのお話合いの際には冷静にお話をするため第三者の介入をお勧めします。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。