被相続人がお亡くなりになって、相続が始まったらやらなければならない事がいくつもでてきます。
その中から一つをご紹介します。

被相続人の相続財産のひとつに預貯金があることは多くあると思います。この預貯金は、金融機関がその口座の名義人が亡くなったとしった時、口座凍結をします。
口座凍結が行われると、その口座から引き出しや預け入れ、振り込みなど全てができなくなります。しかし、金融機関は基本的に誰がいつ亡くなったかは、届出がない限りわかりません。よって、人が亡くなることで自動的に口座凍結されることはありません。

実際に人が亡くなると、なにかとお金が必要になります。
そこで葬儀費用などのご供養費やその他にかかる費用を被相続人の預貯金から算出したくなりますが、口座凍結はすぐにした方が良いでしょう。
それさえしておけば、誰かが被相続人の口座から勝手に引き出せないし、また、自分自身も不正をしていないという証拠になります。
後々、相続人でトラブルにならないためにも被相続人の財産には、手を付けないのが先決です。