成年後見制度は、自身で自己の財産管理を行なう事が出来ず他人の管理のもと、本人の意思に沿わない行為や本人の不利益となる行為が無いよう法的に財産の管理をする人間を選任する制度になります。

本人が財産の管理を行なう事が出来ない場合、「先天性の障害ないしは中途障害などの影響で財産管理ができない。」また、「認知症などの病気の影響で財産管理のできない。」等、様々な理由によって自己の財産の管理ができない方について家庭裁判所に申し立てを行ないます。また、自身が将来、自己管理ができなくなった時に備えて行なう事が出来る契約になります。

相続人の中に、そうした自己判断能力に欠ける方がいる場合、成年後見制度を利用し後見人を選任するか、その時の相続に限っては特別代理人を立てるかをし相続しなければいけません。

この成年後見制度のなかで「法定後見制度」、「任意後見制度」の2種類がありそれを選び行なっていきます。
「法定後見制度」:すでに自身で財産管理を行なう事のできない人のための制度。
「任意後見制度」:現在は自身で財産管理を行なう事ができ、事前に自身で財産管理ができない状態になった時に後見人を選任しておく制度。

事前の準備や今現状で自己判断能力に欠ける場合は、早い段階での制度の利用をおすすめします。