遺産相続をしていくにあたって【代表相続人】という言葉を耳にする機会があるかと思いますが、これはそもそも法律的な概念ではありませんので何か特別な権限を持っているわけではありません。
相続手続きを円滑に行うために相続人で決める相続人の代表になります。

代表相続人の主な仕事に以下のものがあげられます。
・相続税の申告
・不動産や株を代表相続人名義にして売却、その後分配する。
・書類提出など事務手続き

この【代表相続人】のトラブルも数多く当センターに寄せられます。
例えば、代表相続人が手続きに使った交通費は相続財産から出してよいのか?日当はいくらになるのか?代表相続人の仕事をしたのでその分多く相続したいなどです。
もちろん始めにお話しした通り、法律的な取り決めはありませんから相続人の中でお話をしていただく他ありません。

ただでさえ揉める要素が多くある相続手続きを複雑化しないためにも第三者に相続手続きをお願いするとよいでしょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。