相続は財産の中に不動産が絡むケースが非常に多いです。
そして、この不動産をどのように分けるのか?が非常に厄介なのです。

分配するに当たって、一番楽なのは、その不動産自体を売却し、売れたお金を相続人全員で分配するものです。
ただ、相続人の誰かが残したいと言うのであればこの方法は難しくなってしまいます。

その意思を尊重するのであれば、「残したい・取得したい」と主張してる相続人がその不動産の資産価値の分だけ他の相続人へ現金を支払う方法もあります。

また、相続人全員の共有名義にする方法もありますが、登記上に何人もの名義が入っているととてもわかりづらいです。
また、名義人の内の一人がなくなった場合その分を相続人でさらに分ける訳ですから余計ややこしくなってしまいます。
その為、安易に相続人全員の共有名義にしてしまうのはオススメできません。

この様に、不動産の分割は非常に厄介です。
そのため、専門家の方に間に入ってもらい、折り合いのつくところで話を進めるのが良いでしょう。