法定相続人であっても相続できない場合があり、欠格と廃除のふたつがあげられます。
今回は欠格についてお話したいと思います。

まず欠格とは法定相続人が不正な利益を得ようとして不正な行為をした、もしくはしようとした場合、その法定相続人は、相続人の資格を失ってしまうというものです。

またその相続人は遺言書による遺贈を受け取ることもできなくなります。
具体的な欠格事由は以下の通りです。

第891条
一  故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にある者を死亡するに至らせ、
   又は至らせようとしたために、刑に処せられた者
二  被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、又は告訴しなかった者。
   ただし、その者に是非の弁別がないとき、
   又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であったときは、この限りでない。
三  詐欺又は強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取り消し、又は変更することを妨げた者
四  詐欺又は強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、又は変更させた者
五  相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者

※wikibooks参照※

なお欠格は代襲相続の原因にあたるのでその子は代襲相続の権利が発生します。悪いことをしたのは親自身の責任なのでその子には責任はなく相続できるということです。

相続をしていく際、欠格者を出さないためにも、公平かつ円滑に相続をしていくことが望ましく、
このようなことになる前に、専門家に入ってもらい冷静に話し合いのできる環境づくりが必要になってきます。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。