相続で問題にやりやすい案件のひとつに親が再婚しているというケースがあります。
この再婚相手がいる相続は非常に注意が必要です。

先に実父・実母が亡くなりその財産をとりあえず再婚者に相続させて最終的に自分にとお考えの方は少なくありません。
しかしそれが落とし穴なのです。
実父・実母の相続は当然血縁関係がありますので、相続権も発生します。
この場合は全く問題はないのですが、再婚者となると血のつながりが無いので相続権が発生しません。

結果、全く知らない再婚相手の血縁者に全ての財産を相続させると言う事になってしまいます。
この様なトラブルを防ぐためにも、事前に遺言書を書いてもらったり、養子縁組を組んでおくのがベターといえるでしょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。