被相続人は確定申告が出来ませんので、相続人が代わって確定申告をしなければなりません。これを「準確定申告」といいます。

通常、所得税の確定申告は、1月1日~12月31日までの所得を翌年の2月16日~3月15日までに行うこととなっています。
しかし準確定申告の場合は、1月1日~死亡した日までの所得を相続の開始があったことを知った日の翌日から4ヶ月以内に行うこととなっています。

申告者は、相続人が1人しかいない場合、その相続人が行うこととなりますが、2人以上いる場合は原則的に、各相続人が連署により準確定申告書を提出することとなっています。

尚、申告場所は、被相続人の最終住所地の管轄する税務署になります。