相続をしていくにあたり、相続人を増やしたり、税法上でも優遇されるため利用されるのが養子縁組です。
養子縁組には種類があり以下の通りです。

普通養子縁組

実際の父母との関係を維持したまま二重の親子関係になる。子は両方の親の相続権を有する。
つまり実母、実父、養母、養父の法定相続人になるということです。
通常、養子縁組というとこちらになります。

特別養子縁組

実際の父母との関係が消滅する養子縁組。子は実際の親の相続権はなく、養親の相続権を有する。
つまり養母、養父の相続権のみ発生するということです。


また税法上、養子の扱いには「法定相続分の数」に入れることができる数に制限が設けられており、実子がいる場合は一人まで、実子がいな場合は二人までとされています。

養子縁組は、税法上のメリットもある反面、単純に相続人が増えますので相続時のトラブルの危険性を理解したうえで手続きを進めなければなりません。