相続人が被相続人の財産を増加させたり、減らないよう維持することに貢献していた相続人に対して、相続発生時に遺産分割をする際、その相続人の法定相続分にプラスをして相続分を主張することができる。
そのプラスの財産を寄与分といいます。

民法で認められる寄与分の要件があります。
・被相続人の商売など手伝い財産の増加をいた場合
・被相続人の介護や看護、療養をした場合
・その他の方法により、被相続人の財産を増加させていたり、維持について特別の貢献、寄与をした場合

その貢献と言うのは、被相続人の事業に関する労務の提供または財産上の給付、被相続人の療養看護等を指します。

寄与分の対象者は、相続人の配偶者などは対象ではなく、相続人に限ります。
寄与分を貢献してた相続人の法定相続分に相続財産をプラスして、相続人間での不公平をなくし公平に相続するために必要なことです。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。