死因贈与とは、贈与者と受贈者の間で取り交わされる契約で、贈与者の死亡を要因として効力が発生します。
遺言は一方的に意思表示を行いますが、この死因贈与契約はお互いの意思が合致して成立します。

遺言と死因贈与はどちらも死亡を要因とし、効力を発生させるため似ているように思えますが、大きな違いが有ります。
例えば、遺言は決められた通りに作らなければ無効とされてしまいますが、この死因贈与は契約のため、好きな方式で行えます。
極端に言えば口約束でも可能なのです。

遺言との違い

・契約なので方式が自由。
・相続の承認や放棄が認められない。
・未成年が死因贈与契約を結ぶためには親権者の同意か代理人が必要。
・書面によらない死因贈与契約はいつでも撤回することが出来る。

遺言は遺言者がどれだけ財産を渡したいと思っても、その財産を受けるかどうかは受遺者次第ですが、死因贈与契約は契約であるが故に、相続の承認・放棄ができません。
したがって確実に意思を実現したい場合に非常に有効な手段といえます。