被相続人が亡くなり、相続が発生し開始した場合に、財産の分割の仕方を遺言によって相続分の指定がない場合には、民法で定められている法定相続分が適用される。

法定相続人が「配偶者」だけの場合

配偶者が全て相続する事になります。
相続が開始される前に、配偶者以外の家族全員が死亡している場合や、子供(直系卑属)、父母(直系尊属)、兄弟姉妹がいない場合に限ります。

法定相続人が「配偶者」と「子」の場合

配偶者が二分の一、子が二分の一です。
複数人の子がいる場合には、配偶者の法定相続分は二分の一のまま、子に関しては、子一人の法定相続分の二分の一を均等に相続します。
また、相続開始のときに子以外の家族全員が死亡している場合は子が全てを相続します。

法定相続人が「配偶者」と「父母(直系尊属)」の場合

配偶者が三分の二、父母(直系尊属)が三分の一です。
直系尊属が複数人いる場合は、配偶者は変わらずに三分の二、直系尊属一人の法定相続分の三分の一を均等に相続します。
また、相続開始のときに直系尊属以外の家族全員が死亡している場合は直系尊属が全てを相続します。

法定相続人が「配偶者」と「兄弟姉妹」の場合

配偶者が四分の三、兄弟姉妹が四分の一です。
兄弟姉妹が複数人いる場合は、配偶者は四分の三のまま、兄弟姉妹に関しては、兄弟姉妹の法定相続分の四分の三を均等に相続します。
また、相続開始のときに兄弟姉妹以外の家族全員が死亡している場合は兄弟姉妹が全て相続します。
例外で、父母が同じ兄姉(全血兄姉)と一方が同じ兄姉(半血兄姉)がいる場合、半血兄姉の相続分は全血兄姉の相続分の半分になります。