遺産調査をすることで、相続をすべき財産の範囲を決めます。

遺産分割をする際に範囲が決まっていなければ遺産分割が困難になります。
遺産の範囲が決まっていないと意見がまとまらずに揉めてしまうことになり、家庭裁判所で話し合うことになってしまいます。

家庭裁判所では遺産分割調停をして、不成立の場合は自動的に審判手続きというながれになります。
遺産調査には遺産の評価をすることも目的になります。
遺産のなかで一番の問題になるのが、不動産です。切って分けることができません。

この不動産の分割方法でよく揉めてしまうことがあります。
不動産の名義をどうするのか、不動産を売却するのか等、様々な形で揉めてしまいます。
遺産分割の話し合いの段階で、一般的にいくつかの不動産業者に依頼をして、実際の取引売買価格を評価してもらう方法と、不安であれば不動産鑑定士という有資格者に依頼して正式な評価をしてもらうことです。