相続人の中に海外在住の方がいても遺産分割協議をし、通常通り遺産相続の手続きを行います。

しかし、海外在住の方は印鑑証明がありません。
その為、印鑑証明の代わりとなるサイン証明の発行が必要となります。
サイン証明は在外公館(日本大使館・領事館)で発行してもらえます。

もうひとつ必要な書類が、在留証明書と言うものです。
在留証明書は日本の住民票にあたる書類であり、こちらもサイン証明と同様に在外公館で発行してもらえます。
海外に住んでいる相続人の方はこれら二つの書類を用意する必要があります。

昨今において、電子メールや国際郵便の普及・発達により、昔ほどは時間がかからなくなって来ていますが、それでも国内でのやり取りより時間がかかります。
従って、少し余裕をもって話し合いや手続きを進めていくことをお勧めします。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。