相続開始する前に相続人が亡くなっているときや相続欠格、排除によって相続権を失った場合に、その相続人に代わって相続するというのが代襲相続です。

代襲される者を「被代襲者」、代襲する者を「代襲者」といいます。そして代襲相続した場合でもその相続分は、本来の相続人に分けられる相続分となります。

相続放棄の場合では初めから相続人でなかったことになりますので代襲相続はできないことになります。

子の場合、代襲相続はどこまでも代襲することになってます。
兄弟姉妹の場合は一代に限ります。相続人からみれば甥・姪までしか代襲相続はできません。

様々なケースがでてきたり、複雑な相続人の悩みなどがある方は、一度専門家などに相談するといいでしょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。