相続開始する前に相続人が亡くなっているときや相続欠格、排除によって相続権を失った場合に、その相続人に代わって相続するというのが代襲相続です。

代襲される者を「被代襲者」、代襲する者を「代襲者」といいます。そして代襲相続した場合でもその相続分は、本来の相続人に分けられる相続分となります。

相続放棄の場合では初めから相続人でなかったことになりますので代襲相続はできないことになります。

子の場合、代襲相続はどこまでも代襲することになってます。
兄弟姉妹の場合は一代に限ります。相続人からみれば甥・姪までしか代襲相続はできません。

様々なケースがでてきたり、複雑な相続人の悩みなどがある方は、一度専門家などに相談するといいでしょう。