相続が発生したら、まずやらなければいけないことのひとつが相続人の確定です。

遺産相続は、被相続人が残した相続財産を法定相続人が承継することです。誰がどのように相続するかを明確にしていかねければなりません。基本的な相続人の確定方法というと、被相続人の戸籍謄本で確認します。
例えば、残された家族で遺産分割協議をして「誰がどのように」相続するか決まって手続きが終わった後に、隠し子が出てきたらとても面倒です。
隠し子であっても被相続人が認知をしていれば、法定相続人です。もう一度、遺産分割協議を最初からやり直さなければならなくなります。

実際に、被相続人に隠し子がいて遺産相続がドロドロになってしまうドラマのような話しは、存在しますので、念には念をという意味でも戸籍謄本でしっかりと被相続人の戸籍を確認しておきましょう。