相続の財産を受け継ぐ権利義務のある方のことを法定相続人といいます。

では、誰が相続人になるのか、まず配偶者です。夫からみたら妻、妻からみたら夫ですね。婚姻関係のない内縁の妻などには権利はありません。

亡くなられた方の近い関係に順位が決まっていまして、実子の子供、養子、孫、曾孫、胎児にも権利があります。
このような下の代のことを直系卑属といいます。

下の直系卑属がいない場合、父と母が相続人になります。さらに父も母がいないときは祖父母が相続人になり、この上の代の方を直系尊属といいます。

亡くなられた方の直系卑属や直系尊属が誰もいないときは兄弟姉妹に受け継がれます。

このような順位で誰が相続人なるのかというのが法律で決まっています。