戸籍上は相続人になっていても、実際には相続人でない者が、相続人であるかのように相続財産を引き継いでしまっていることがあります。
そのような場合に本当の相続人は、先程の相続人でない人から相続財産を返せという請求ができます。このことを相続回復請求権と言い、実際には相続人でない者のことを表見相続人、本当の相続人のことを真正相続人と言います。

例として、相続人の相続権が他人の単独名義での相続登記であったり、遺産分割協議に基づく財産の占有、登記などにより侵害されている場合などに、相続回復請求権を使用することが出来ます。

そして、相続回復請求権の期限は、相続権を侵害された事実を知ったときから5年間、相続開始から20年間が経過したときに消滅となります。