相続のトラブルや相談に関して弁護士に頼む方が多いのですが、一体どんな弁護士に頼めば良いのでしょうか。
ということで個人の見解ではありますが以下を参考にしていただければと思います。

1、親身にご相談に応じてくれているか
2、相続の専門の弁護士なのか
3、しっかりとした相続弁護士の実績、経験があるのか
4、相続専門の税理士さんと連携している弁護士
5、費用を明確に説明してくれるか
6、契約書できちんと作成してくれるか
7、良いところも悪いところも説明してくれるか
8、スムーズな対応なのか
9、相続のセミナーを行っているか

より良い弁護士と相続税により詳しい税理士との連携にプラスして司法書士、行政書士等が揃っているなら安心感は高まりますね。
最終的には実際に自分の目と耳で確かめて弁護士さんと面談、相談して決めるのが間違いないかと思います。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。