代襲相続とは、被相続人が死亡してしまうよりも先に相続人が亡くなってしまっていて、被相続人の孫が相続人になることをいいます。

子の代襲相続

民法では、被相続人の子がすでに亡くなっていたり、あるいは相続欠格や廃除により、相続権を失っていた場合には、被相続人の孫が相続人になると定めています。また代襲相続が行われる場合は、被相続人の子の本来の順位と同じ順位で相続人になります。

さらに、被相続人の孫も相続開始以前に亡くなっていたり、あるいは相続欠格、廃除で相続権を失っている場合は、被相続人の曾孫が相続します。このような曾孫の相続を再代襲相続といいます。

兄弟姉妹の代襲相続

被相続人に子などの直系卑属、親、祖父、祖母などの直系尊属がいない場合は兄弟姉妹が相続人になりますが、この場合で被相続人の兄弟姉妹が被相続人が亡くなる前にすでに亡くなっていたり、あるいは相 続欠格、廃除により相続権を失っている場合はその兄弟姉妹の子が相続人になります。

ただし兄弟姉妹の代襲相続が認められるのは兄弟姉妹の子のみで、再代襲相続の権利はありません

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。