代襲相続とは、被相続人が死亡してしまうよりも先に相続人が亡くなってしまっていて、被相続人の孫が相続人になることをいいます。

子の代襲相続

民法では、被相続人の子がすでに亡くなっていたり、あるいは相続欠格や廃除により、相続権を失っていた場合には、被相続人の孫が相続人になると定めています。また代襲相続が行われる場合は、被相続人の子の本来の順位と同じ順位で相続人になります。

さらに、被相続人の孫も相続開始以前に亡くなっていたり、あるいは相続欠格、廃除で相続権を失っている場合は、被相続人の曾孫が相続します。このような曾孫の相続を再代襲相続といいます。

兄弟姉妹の代襲相続

被相続人に子などの直系卑属、親、祖父、祖母などの直系尊属がいない場合は兄弟姉妹が相続人になりますが、この場合で被相続人の兄弟姉妹が被相続人が亡くなる前にすでに亡くなっていたり、あるいは相 続欠格、廃除により相続権を失っている場合はその兄弟姉妹の子が相続人になります。

ただし兄弟姉妹の代襲相続が認められるのは兄弟姉妹の子のみで、再代襲相続の権利はありません