成年後見人申し立てとは、認知症や精神疾患等でご自身で財産管理ができない方の財産管理を代わりに行う方を選任する申し立てです。

判断能力がない方の預金を介護費用や入院費にあてるという名目でご家族の方が銀行から預金をおろそうと思ってもなかなか金融機関は応じてくれません。こういったときに金融機関から成年後見の案内を受ける方が多いように見受けられます。
一般的に成年後見申し立ては、申し立てから後見開始まで2、3ヶ月かかると言われており、この時点から申し立てをしてもすぐに財産を動かせない状況に陥ってしまい、入院費を数か月間ご家族が立て替えなければいけなくなってしまいます。

このようにぎりぎりになって申し立てを行ってはご家族に負担がかかることが予想されますので、前もって成年後見の申し立てを行っておくことが必要になってきます。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。