相続手続きを進めていくには、誰が相続人なのかを確定させなければ始まりません。

法定相続人を確定せずに、遺産分割協議を進めていくと、途中で法定相続人が見つかった場合に、初めからやり直さなければならないからです。
ではどのように法定相続人は確定していくのでしょうか?
法定相続人は戸籍を調査することによって確定することが出来ます。
被相続人が、生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本等(除籍謄本・改製原戸籍)を市区町村役場で取得します。
そして、生まれてから亡くなるまでの戸籍を取得したら、子供の数や名前、認知した子供、養子の有無などを調べ、もしも子供がいない場合は、父母(祖父母)、兄弟(姉妹)の戸籍を調べていかなければなりません。
また、自分が法定相続人であると認めてもらうためにも、この戸籍で明らかにするしかありませんので、その場合は自分で戸籍を取得しなければなりません。実際、法定相続人を確定する作業は思っている以上に大変で、相続人が複雑なほど時間と労力が必要になってきますが、ここの段階でしっかり法定相続人の確定をしてみなさんが納得のいく遺産相続にしましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。