被相続人が亡くなって遺産分割をしていくにあたって、相続人にはそれぞれの気持ちがあります。
面倒を看たから多く相続財産をもらいたい人、生前に口頭で財産を譲ると言われた人、相続が始まってから自分が相続人と知った人など。相続人の状況によって被相続人の相続に対する気持ちは様々だとは思いますが、自身の主張のみを押し進めても衝突は避けられません。心持ちとして相手に歩み寄る気持ちも持って分割協議に臨みましょう。

もちろん民法で定められている法定相続分はありますが、相続人の同意があるようであれば必ずしもその割合で分配をしなければいけないというものではありません。ご家族に分割内容は委ねられているのです。ご家族が自身の残した財産のせいで揉めてしまっては亡くなった被相続人が悲しむと思います。

できるだけ円滑に相続手続きを行うには、揉めていても揉めていなくても専門家に介入してもらい、進めて行くのがよいでしょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。