相続分は遺産相続について、相続人が相続する財産の割合を指します。
相続分は基本的に遺言書などでの決まりがない場合は、法定相続分という法律で決められた分配を行なうこととなります。

また相続されるのは、金銭や土地といった物体に限らず権利義務まで相続されます。
ただし、権利義務を分けることはできないこともあります。相続する物体に係る権利義務であれば、その物を相続するものが権利義務を継承することになります。

相続分の割合としては配偶者がいる場合といない場合で変わります。
①配偶者がいる場合
・子がいる場合
配偶者 1/2
子   1/2

・子がいない場合
配偶者 2/3
親   1/3

・子、親がいない場合
配偶者 3/4
兄弟  1/4

②配偶者がいない場合
相続順位に沿って相続権が移って行く。
・子が全て
・親が全て
・兄弟が全て

相続人の確定の後は確実に、相続分を確認して相続人全員の同意の上分割協議を行ないましょう。