相続の開始に伴い、手続きを進めますがその中で相続の発生地が重要な事としてあげられます。
相続の手続きを行なっていく上で、被相続人(亡くなった方)の謄本関係書類が必要になります。

相続人の方が、発生地から遠くに居住していたり・平日は仕事のため発生地に出向き集めることが出来ないといったご相談をお伺いします。

謄本関係の書類は、戸籍謄本(改定原戸籍含む)、除籍謄本、住民票の除票などがあげられます。
また、不動産関係に関しては固定資産税評価証明書、固定資産税課税台帳(名寄帳)が必要になり、この書類も対象の不動産のある管轄の法務局にて取得することが必要です。

相続の発生に関して必要な書類は、被相続人の最後の住所地を管轄する役所で取り寄せなければなりません。
ただし、直接でなく郵送での取得も可能ですので管轄の役所に確認していただければと思います。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。