相続の開始に伴い様々な事を確認します。
その中のひとつに、相続するための相続財産はどれがあるのかという「財産調査」があげられます。
しかし、相続財産が分かり手続きに必要な戸籍謄本を集めたところ、知らない人が亡くなった被相続人と養子縁組をしている。との記載があったなど聞いたことがあります。

また、相続人の死亡により代襲相続の発生で面識のない人間が相続人になるといったケースもあります。
そうした場合に、相続人の調査を行ないます。相続人の調査はご自身で進めるとかなりの、日時と費用が掛かる事が推測されます。
このような場合には、専門家への依頼が必要かと思います。専門家にお願いしたとしても、すぐにわかることではありません。入念な下調べの後、発見できることとなります。

以前にご相談で、連絡が取れない相続人を省いて分割協議書を作ったが認められない。そのため、相続人の調査からやり直した。と伺ったことがあります。

相続は相続人全員の同意の上、認められる手続きになります。しっかりと確認の上手続きを行ないましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。