相続に関わる調査は大まかに分けて二種類あります。
相続人調査と相続財産調査です。

相続人の調査とは戸籍謄本をたどり、家族関係図を確認し相続権利者を探していく作業になります。この作業を怠ると分割協議の後に相続権利者が出てきて分割協議のやり直しを行わなければならなくなったりと、あとあと面倒な状況になる方も数多くご相談をお受けします。また相続人の調査を行って行く上で知らない間に養子縁組を組んでいたというケースも多々ありますので注意が必要です。

次に相続財産の調査です。これは分割協議を行う前の段階、財産目録を作成するにあたり、被相続人の相続財産の調査を行う作業です。分割協議の際にすべての相続財産が、出揃っていないと話のしようがありませんのでこれも重要になってきます。

いざ相続の話し合いを設けるといっても前段階でこのような作業を経てからでないと後々トラブルになりかねませんので、相続人で話し合いをする前にきちんとこのような調査を行い準備をしましょう。