本日は相続の用語【代襲相続】についてお話したいと思います。

本来相続を貰い受けるべき相続人が被相続人よりも以前に死亡した場合に、【代襲相続】が発生します。
【代襲相続】とは相続人の代わりに相続の権利を継承するということです。
被相続人から見て直系の場合は子、孫、ひ孫、玄孫とずっと続いています。
また被相続人から見て兄弟姉妹の相続の場合には代襲相続は一回のみつまり、甥姪までとなります。

今挙げた以前死亡や欠格、廃除であれば代襲相続が発生しますが、相続放棄の場合には代襲相続は発生しません。
理由としては相続放棄は本来相続人ではなかったことになるためです。
どういった経緯で相続人がいなくなったかによって代襲相続が発生するのか?しないのか?が決まりますので確認しておくとよいでしょう。