被相続人が残していった財産の内容や物の価値など正確にわかるという方は少ないと思います。正確に財産を把握して円滑な相続手続きをしていくためにあらかじめ財産調査を行い「財産目録」を作成することが必要になってきます。

財産調査は残された遺産などを調べ、それぞれの価値をどれ位の評価になるのかを確認していきます。簡単に財産は、プラスの財産、マイナスの財産、その他の財産(権利など)と分かれています。マイナスの財産に関しては、被相続人の借金などの問題があるかもしれないため注意が必要です。

財産目録は、財産調査した被相続人の全ての財産を書面にまとめたものです。正確に作成するために労力と時間が必要になると思いますが、財産目録をきちんと作成しておくことで、相続に関するトラブル、遺産分割のときなどの問題も防ぐことが出来ます。相続人同士で話合い協力しながら調査と作成を行っていけるといいしょう。